top of page
空の道を歩く

10年間、誰にも評価されなくても
​気持ちよくやり続けられることは何ですか。

他人を気にして評価を求めはじめた瞬間、

誰かの二番煎じを目指すことになります。

自分にしかつくれない何かのヒントは

抑えきれない衝動や理屈を超えた執着、

その人の中の気圧でしか生きられない

真実の中にこそ眠っているのではないでしょうか。

誰しもがそういうものを、ひとつは持っています。

たとえ止められてもずっとやり続けてしまうことを
人は努力や才能と呼びます。

そんな、あなたの中で目覚めるのを待っている

「異能」を健やかに開花できる場を目指して。

到達したいのは、あなたの大切を、

わたしたちの大切に変えてしまう、何か。

それをぜひ一緒に拝ませてください。

★15MIN引き.png

​担当教員

鈴木 雄飛

デジタルハリウッド大学 客員准教授

株式会社電通 クリエーティブ・プランナー

CM/WEB/PRなどの広告企画、企業価値向上に向けた未来価値創造領域に従事。広告クリエイティビティとホリスティック臨床教育学をベースに、衝動/執着/真実を起点にした表現活動と異能開花を研究・実践。

ゼミでの取り組み

「たとえ誰にも評価されなくても、気持ちよくやり続けられること」
個々人の執着的な衝動や真実を足がかりとして、
内省と制作を往復しながら異能開花を目指していきます。

衝動/執着/真実
​をめぐる
内省と対話

固有の表現
をめぐる
制作と展示

意志や理屈を超えてしてしまうことは何か。
心身をつかった体験型ワークと対話で、
強度の高い表現の根っこを発見します。

自分だからできる表現を目指し、
アウトプットをフィードバックを繰り返して
自らが感動できるものを創り上げます。

(2024)

(2023)

(2022)